「麻婆豆腐」のことの本を書くとしたら、どのようなことを調べる?「マジシャン」の一般的な解説なんかだろうか。それとも、個人的な視点からくる意見だろうか。

「麻婆豆腐」のことの本を書くとしたら、どのようなことを調べる?「マジシャン」の一般的な解説なんかだろうか。それとも、個人的な視点からくる意見だろうか。

決めつける前に走り出した親友

↑ページの先頭へ
枠上

控え目に熱弁する兄さんと枯れた森

南九州の老齢の方は、連日、菊を墓所にしているから、ゆえに、花がたっぷり必要で、草花農家も多い。
深夜、車で爆走していると、電照菊の電灯がいつも深夜、車で爆走していると、電照菊の電灯がいつも目に入る。
家屋の照明はすごく少ない町かといって、菊の為の光源はしばしば目にとびこむ。
電照菊ライトは頻繁に目に入っても人通りはたいそう少なく街灯のライトもものすごくほんの少しで、物騒なので、高校生など、JRの駅まで送り迎えしてもらっている子ばかりだ。

雲が多い休日の明け方に料理を
とある晴れの日の夕方、少年はママからおつかいをお願いされ、白菜と葱とぶた肉を買いにいくところだった。
少年はひそかに嬉しかった。
夕飯はおなべだ!やったぜ!…と。
だが、彼への試練はその時起きたのである。
なんと、ズボンのポッケにあるはずのおつかい用の2千円が、どこにも無いのだ!
少年はスーパーマーケットのレジに並ぶ前に、念のためポケットの中に手を入れて確かめてみたのだ。
そしてその時お金がどこにも無いことに気が付いたのだ。
怒る母親を想像しながら、少年はしょうがなく手ぶらで家に帰ることにした。
次からは、お金は靴の中か靴下の中に入れよう。
少年は奥歯をかみ締めながら、そう決心した。
枠下 枠上

風の無い火曜の明け方にカクテルを

ここ最近のネイルサロンは、ジェルなど、かなり高度な技術が使用されているようだ。
ちょっぴりサービスしてもらえるインビテーションを譲ってもらえたので店に行ってみた。
人一倍、色やシンプルさに関して、悩んでしまうので、決めるのに時間がかかった。
薬指に簡単なアートをしてもらって、その日は機嫌がよくなれた。

無我夢中で熱弁する家族と季節はずれの雪
此の程、小説を読破することはわずかになったが、昔に水滸伝の北方バージョンに魅了されていた。
過去に訳された水滸伝を見た時は、粗末だと思い、心を奪われなかったが、北方謙三さんの水滸伝を読みとおしたときは、はまって、読み進めるのが止まらなかった。
業務のなか休みや帰ってからの夕食中、湯船の中でも精読して、1日一冊ずつ精読していた。
登場人物が人間味あふれていて、男らしいキャラクターがめっちゃ多人数で、そういったところに惹かれた。
枠下 枠上

ゆったりと歌う兄弟と夕立

見物するのに大変長く歩き進まなくてはならない動物園は、夏はすごく暑くてしんどい。
知人と奥さんと子供と自分と妻と子供といっしょに観覧しに行ったが、とっても暑すぎてしんどかった。
とても暑いので、キリンもトラも他の動物もたいてい動いていないし、奥の物影に隠れていたりで、ほとんど見えなかった。
行ける機会があったら次は、水族館などが暑すぎるときはいいかもしれない。
娘が大きくなったら夏期限定の夜の水族館や動物園も楽しそうだ。

目を閉じて吠える姉ちゃんと冷めた夕飯
村上春樹の文庫本がハマると、読書ファンの人々のリスペクトを教えてもらい、買ったのがノルウェイの森。
このストーリーは海外でも大勢の人に親しまれ、松山ケンイチさん主演での映画化もされた。
この人の話は、会話が面白く、どんどん読めてしまうところが良いと思う。
直子と緑との中間でゆれる、主役のワタナベは、実際、生死の間でゆれているように感じる。
その課題を無視しても2人の女性は魅力的だと思う。
で、ハツミさんや永沢さんやレイコさんというスパイスが加わる。
登場人物のみんなが、魅力的で個性的で陰の部分を持ちあわせている。
随分前に読んだ文庫本だがなんとなく読みたいなと思い立ってページをめくったことが何回もある作品。
ワタナベは直子に、「私のお願いをふたつきいてくれる?」といわれ「みっつ聞くよ」と答える。
村上春樹ってこんな人なのかな?と思った部分。
それで、直子がうらやましいと思った。
枠下 枠上

曇っている平日の朝にこっそりと

海辺に私たち家族は、家があり暮らしているので、高波を両親が心配してくれている。
特に大震災後は、海と家がどのくらい離れているのかとか高みは身の回りにあるのかとか口々に言う。
自分と妻も不安だけれど、面倒なく引っ越し先も見つかるわけではない。
かといって、実際に大津波がやってくるとなってしまった際に逃げのびるコースを定めていないとと考える、だけど、湾沿いしか近くに道路がないので、あらためて想像したら怖いと思えた。

雹が降った仏滅の晩に外へ
かなりの確率でEくんがくれるMAILのなかみは、何を話したいのか全然分からない。
飲んでても素面でもほとんどいまいちだ。
しかし、E君が部署で書いたという、製品とおすすめに関しての書面を読ませてもらった。
まともな文章かけるんだ!と思って、驚いた。
枠下 枠上

喜んで跳ねる彼女と夕立

いつも、家で一人で行えるような働き方をして、たまにお声があると外に仕事に参加する。
その稀にだけど、本気で億劫に思えて仕方ない。
この際引き受けるの辞めてしまおうかと。
行けばやる気になるけれど、大勢の人にはさまれて、団体で業務をするのは難題だ。
本気で友達に持ちかけると、言いたいことは理解できるよ、など豪快に笑っていた。

息絶え絶えでダンスする姉妹と濡れたTシャツ
随分久しぶりのお仕事の時、初めて仕事でお世話になったAさんという男性は、怖そうな先輩だ。
初めて会った時からオーラがあり、個人的な会話は全然できなかった。
この前、ただ何気なくAさんの半袖になった手首をみてかなりびっくりした!
大きめの天然石ブレスが何連も目に入ったため。
思わず、天然石好きなんですね!と話しかけてしまった。くらい。
するとAさんは得意げで、いきなり笑顔で、ひとつひとつの石の名前紹介してくれた。
枠下
枠下
枠上

サイト内コンテンツ

枠下
Copyright (c) 2015 決めつける前に走り出した親友 All rights reserved.