「息子」のこと好き?嫌い?それぞれあるかもだけど、それほど悪いもんじゃない気がする、「戦略」は。そうは考えない?

「息子」のこと好き?嫌い?それぞれあるかもだけど、それほど悪いもんじゃない気がする、「戦略」は。そうは考えない?

決めつける前に走り出した親友

↑ページの先頭へ
枠上

具合悪そうに踊る家族と暑い日差し

やりたいとは別に思っていなかったけれど、筋トレも多少でもしないとなと今日この頃思った。
職務が違くなったからか、最近、体を動かす機会がめちゃめちゃ少なくなり、体脂肪がものすごく増した。
そして、年齢もあるかもしれないけれど、おなかにぜい肉が醜くついていて、たいそう恥ずかしい。
ある程度でも、頑張らないと。

汗をたらして泳ぐあの人と夕焼け
子供がマルモダンスをおどっている。
私たちは教えていないけど、2歳なのに頑張って踊っている。
映像でマルモのおきてのメロディが聞こえると、録画映像を見るとだだをこねて泣いてしまう。
録画したものを流すと止まることなくずーっと見ている。
親だから、テレビの映像を見続けるよりも絵本を見たり、おもちゃで遊んだりしているのが好ましいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う考えている。
大きくなったら必ず巣立っていくものだから、今のうちに遊んでおくのも私たちの為でもある。
枠下 枠上

風の無い仏滅の明け方に立ちっぱなしで

江國香織の小説に出てくる主人公は、陰と陽を持っていると思う。
旦那さん以外との恋愛をそこまで責めない。
遊びと、心底愛しているのは旦那さんだけのただ一人。
という主人公が多々いるような気がします。
不貞行為を陰だと置くと、結婚生活は陽。
たまに別の自分が入ったように陰が出てくる。
旦那意外との恋愛に関する善悪の定義は置いておいて、その女性を研究する。
自分の中にもう一つの恋愛に対する考え方や新たな価値観が姿を見せることもたまにある。

泣きながら踊る彼女と穴のあいた靴下
暑い季節はビールが非常においしいけれど、ここ最近そんなには飲まなくなった。
大学生のころは、どれだけでも飲めたのに、年とともに翌朝にお酒が残るようになってそんなには飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった当時は大変あこがれ、行くことがめちゃめちゃ楽しみだったけれど、会社の関係でうんざりするほど行って、私の心の中では、今では、印象が悪い。
けれど、取引先との付き合いの関係でものすごく久々にビアガーデンに行った。
とても久々にうまかったのだけど、調子にのってとてもビールを飲みすぎて、やはり、翌日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。
枠下 枠上

目を閉じて自転車をこぐ友人と花粉症

見とれるくらい綺麗な人に出くわしたことがありますか?
過去に一度だけ出会いました。
電車の中で同い年くらいの女性。
女性の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれくらい手入れをしているか、という本人の努力も関係すると思います。
しかし、それ以外でにじみ出るオーラはおそらくありますよね。
この世界には魅力的な方が多くいるんだなーと感じました。

目を閉じて歌う君と月夜
今更ながら、学校へ通うようになってから高校卒業まで、心から学習をしていなかった。
他の生徒たちが向上心を持って取り組んでいても、自身は言われるままの事を仕方なく行うといった感じだったように思う。
それでも、短大に入ってから私の興味のある分野の勉強に変わると、内容がスムーズに入ってくるようになった。
ついに、社会に出て、研修期間を過ぎて本当の業務を任されると、今度は好き嫌い関係なく、学習せざるを得なくなった。
疲れたなんて考える暇もなく、なにがあっても学ぶ日々が続いた。
こんな生活をしばらく体験すると、急に学校時代にしなかった勉強をやり直したいと思うようになった。
今では、同じことを思っている人が近くにたくさんいる。
枠下 枠上

雨が上がった仏滅の午後はゆっくりと

家の近くのショッピングセンターで買い物をしていた。
冷食のコーナーで、フライドポテトをさがしていた。
すると、韓国文字で書いてある商品を発見した。
確認すると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
昨年、ミョンドンへ行ったときに、何回も韓国に旅している友人に勧められたのがトッポギだ。
海を越えた日本で冷凍食品として、トッポギが買えるなんて、純粋に驚いた。

雨が降る水曜の午後に椅子に座る
とある大きな仕事が舞い込んできたとき「どうにかなる」と考えていた社会人になりたての自分。
当時の私たち新人みんなが「過ぎればどうってことないよ」などシンプルに取り組んでいた。
見かねた教育担当の上司が注意した内容が今でも記憶に残っている。
「達成に向かって努力をして準備をしたからこそ、終わってから無事だっただけの話。
よって、このように簡単に過ごしていて、偶然にも内容が簡単だったという意味は含まれていません。
終わってしまえば単純だったと言う言葉の裏にあるのは、真逆です。
事前にじゅうぶん勉強し準備を進めたからこそ能力が業務内容を越えて、内容がスムーズに進んだと言っているだけです。
全身全霊で本気になれましたか?
なめていないで頑張ってください。」
と言うセリフ。
その後、新入社員一同必死に取り組みじゅうぶん収めきることができた。
枠下 枠上

泣きながら大声を出す子供とよく冷えたビール

お気に入りのアーティストはいっぱい居るけど、この頃は日本以外の曲ばかり聞いていた。
しかし、邦楽の歌手の中で、好きなのがcharaだ。
charaは多くの曲を出している。
代表的なのは、HEAVEN、タイムマシーン、VIOLET BLUEなんか。
この国たくさんの音楽家が知られているが彼女はこの方は独特の個性がぴかっと光っている。
日本国内には、世界で仕事をする歌手もたくさんいるが、CHARAも人気が出るような気がする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」「あたしを無人島に持って行って」
こう言った題名が作られることに驚く。
ほとんど曲作りも行っていて個人的には、想像力がありカリスマな魅力がある存在だ。
ジュディマリのyukiとコラボレーションしてトップ10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、欠かせない。
2人とも可愛かったから。
誰だって一度、思う、思われたい感じの事柄を、うまく短文で表現している。
キャッチフレーズコンテストなんかに入賞されそうだ。

寒い金曜の早朝はひっそりと
最近は、近所の釣り場におもむいていない。
日々の仕事で非常に忙しくて疲れていて行けないのもあるけれど、ものすごく暑すぎるから、行きにくいのもある。
それに加え、業務終わりに近くの堤防を見ていても爆釣の気配が全然ないから、どうしても出かけたいとは思えない。
すごく魚があがっていたら我慢できずに行きたくなるのに。
枠下
枠下
枠上

サイト内コンテンツ

枠下
Copyright (c) 2015 決めつける前に走り出した親友 All rights reserved.